肝斑を見つけ出すことが出来ずに、診断時に隠れてしまっているその他のシミに有効なレーザー照射をしてしまうことがあります。
余計に悪化してしまうこともあり、その元をしっかりと治療しなければ再発してしまう恐れがあるのです。
高周波での焼灼や液体窒素による冷凍凝固などが外科的療法としましては挙げられます。
レーザーがトラブルの原因となるケースも100%無いとはいえませんが、多くの美容クリニックではレーザー治療が一般的となっています。

 

内服薬や外用剤が主流となっている最近では肝斑治療に対して、さらに肝斑アクシダームという治療法も確立しています。
様々なお肌のトラブルも解消することができ、今では肝斑治療の一つとしてよく使われています。





携帯買取へ
携帯買取
URL:http://mobi-ecolife.com/


《基礎知識》皮膚の悩みを解消しよう!肝斑改善なら肝斑レーザーブログ:21-1-22

ボクには0歳と3歳になるむすめがいます。
その二人のむすめを保育園に預け、
仕事をしながら、バタバタと家事に追われ…

夕方の忙しい時など、
ボクに余裕がないせいか、
特に3歳のむすめには
いつも怒った口調で話していました。
「早くしなさい」「何やってんの」

ボクのイライラがむすめに伝わってか、
むすめもわぁわぁ泣きわめきます。
そんな連日が続いていました。

1週間ほど前、新しい絵本を購入しました。
「ちょっとだけ」という絵本です。

内容は、まさに我が家と同じで
お姉さんになった女の子が主人公。

いつもママに甘えたいのに
ママは赤ちゃんのお世話で忙しいので、
なかなか言い出せず…

お姉さんはいつもちょっとだけ我慢して
自分一人で頑張っているのです。

牛乳を冷蔵庫から取り出して
こぼしながらもコップに入れたり、
パジャマのボタンも難しいけれど自分でやって着てみたり…

でも22時寝るとき、
どうしてもママにだっこしてもらいたくて、
「ママ、ちょっとだけでいいからだっこして…」
と言いました。

するとママは言います。
「ちょっとだけじゃなくて、いっぱいだっこしていい?」
その間、赤ちゃんにはちょっとだけ我慢してもらいました…
というお話です。

その絵本を読んでいる時、
むすめの目には涙がポロンと出ていたのです。

そして読み終わった後、
「ママ、ちょっとだけだっこして」
と言いました。

ボクは0歳のむすめを置いて、
お姉さんをぎゅっとだっこしてあげました。

うわあーん!とむすめは号泣しました。
なにか小さいながらにも我慢をし、感じていたのでしょうか。

でも反省するのはボクのほうで、
いつもむすめに怒ってばかりで、思えば冷たい言葉ばかりでした。

きっと嫌な思いをしていたんだろうなぁ…
ごめんね。